日本画家・畠中光亨先生の掲載記事のご紹介

畠中先生には、以前より、国際墨画会展の招待作家として、ご支援・ご厚情を頂いており、また、今年度開催の第18回国際墨画会展より、審査員としてご指導賜ることになりました。

日本経済新聞の夕方文化欄(こころの玉手箱)に、4回に渡り、インド美術に係わる記事が掲載されました。

どうぞ、ご高覧下さい。

1月 9日 「群青の岩絵の具」

1月10日 「インドの細密画」

1月11日 「挿絵のある貝葉」

1月12日 「トルソーとなった仏像」

 

日本画家・畠中光亨先生の掲載記事のご紹介

投稿ナビゲーション