5月の研究科の授業は白金台にある自然教育園にスケッチに出かけました。ここのホームページの沿革は縄文時代の土器や貝塚が発見されている所から始まっています。昭和24年「天然記念物及び史跡」に指定され自然の姿を保って現在に至るという事で、東京の真ん中とは思えない森が広がっています。

ちらりと見える高層建築と道路を走る車の音は都会ですが…。

巨木だらけです。こちらは<大蛇の松>。松はたくさんありますが樹皮の状態は様々で観察のしがいがあります。

鳥に出会えたりも。夕方は烏が多くなりますが。

この日のスケッチは別の授業の時に作品に仕上げます。

自然教育園のお隣は庭園美術館です。特別公開中の美しいアールデコの建物と手入れされた庭園はこちらとはかなりギャップがあります。過ごし易い季節ですので自然と文化、日本の歴史の一端に触れるお散歩に出かけてみてはいかがでしょうか。

研究科 林

第2土曜日研究科より

投稿ナビゲーション