6月16日(土)渋谷エクセルホテル東急にて第18回国際墨画会展祝賀会が開催されました。

中国、シンガポールなどからもたくさんの方がいらっしゃいました。

香取会長の挨拶から始まり、表彰式

では喜びと緊張とさらなる飛躍に向けての決意のようなものが入り混ざったような表情でみなさん壇上に上がっていたように見えました。

美味しい食事を楽しみながら、次は何を書こうかという話題もちらほら。

早くも来年へ向けて気合が入っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国の黄先生のパフォーマンスが始まり、迷いのない筆使いに釘付けになりました。

あっという間に描きあがった松の絵に圧倒されます。

この絵は国際墨画会に寄贈されました。

 

 

先生達のパフォーマンスに惚れ惚れしていると早くももう終わりの時間が近づいていて、いよいよお楽しみ抽選会です。

すごい賞品があたった人もそうでない人も、祝賀会の盛りだくさんな内容と普段ゆっくりお話し出来ない会の仲間たちとの交流など貴重な時間だったと思います。

私も来年は少しでも成長してより良い作品を描けるように頑張ろう、という元気やる気を貰って帰りました。

研究科  伊藤歌朱代

第18回国際墨画会展祝賀会

投稿ナビゲーション