杭州で2泊した翌日の10月25日、上海へ行ってきました。

新幹線に乗るため待ち合い室に居たら、突然「香取さん」と、今年の会展にご出品頂き、祝賀会にもご出席されたシンガポールの先生に声をかけられ本当に驚きました。

印材を買いに杭州にいらしたそうで、上海ではお気に入りの紙を買う予定とのこと。先生の作品へのこだわりを感じました。

杭州駅からは、新幹線のみならず、遠くシルクロード方面への夜行寝台列車も停まっていて大いに浪漫を感じるます。

私は上海は15年振りぐらいになりますが、凄い発展振りです。

中国の都会はもうカード社会になり、タクシーも街中で拾えず、スマホで呼び出さなければなりません。

上海での用事を済ませ、ホテルから歩きながら豫園へ行きました。

こちらに、六本木にもある小籠包の名店があるのでそこで夕食。蟹味噌入りが絶品でした。

中国を訪ねるなら、10月がお薦めです。

                                                                                                   香取 琴水

中国・杭州、上海へ No.2

投稿ナビゲーション