12月4日に瀬知エリカさんの個展へ行ってまいりました。六本木にあるストライプハウスギャラリーは、外から中の様子がわかる素敵なギャラリーです。

瀬知さんが本の挿絵を描いていらっしゃることなど知らずに伺ったのですが、表情豊かな人物画に見入ってしまう個展でした。

 

 

 

 

 

水墨画をはじめたきっかけは、「桜や松を描くときに、基本から描いてみたいと思ったから」と話されていました。国際墨画会で墨絵と工筆画を習得され、独自の世界観の作品は、日常を忘れさせてくれるひと時でした。ご自身で作られたというカルタも見せていただき、カルタの内容も非常にユニークで、お人柄を垣間見た気がしました。

お忙しい中、作品のいろいろな質問にお答えいただき、ありがとうございました。

最後になりましたが、「売声り図鑑」江戸の長屋の朝昼晩 、江戸 の長屋の春夏秋冬の挿絵の原画が、非常に素晴らしいかったです。

 

みなさんも本屋さんでお手にとってご覧いただけると、江戸時代にタイムスリップできますよ!

レポート 成田 木村 古川

瀬知エリカさんの個展

投稿ナビゲーション