今月の画題は朝顔でした。
花は基本の鈎勒法と没骨法、それから抽象的な描き方を学びました。
葉は没骨法と紫陽花の時にも学んだ抽象的なもの2種類です。

 

没骨法のお花は筆の根元を軸にして、花びらの外側の色が濃くなるように運筆していきます。
軸がずれてしまって花びらがガタガタになっちゃった!などあるかと思いますが、色を使って描くとそれは美しいお花が描けますので、練習頑張ってみてください。

また、朝顔は蔓が楽しい画題でもあります。
授業中、高橋先生からも「蔓で遊びましょう!」とお声がけがありました。
「遊ぶって言っても・・・」というお声もチラホラ聞こえてきましたが、皆さん素敵に蔓を描き入れられていました!

第四土曜日では、課題提出の際に多くの方が机の周りに集まって先生のお話を聞かれています。
他の方の添削を見るだけでとても勉強になりますし、先生から描き方の確認ができるとてもいい機会です。
また、すでに来年の展覧会に向けた作品相談をされる方もいらっしゃいました。
作品制作に向けた先生からのアドバイスも、聞くだけでとても勉強になりますね〜。
気がつけばもう2か月で今年も終わりです。
来年の作品を相談できる機会も提出まで大体5回ほどしかありませんので、展覧会への出品を考えていらっしゃる方は、そろそろ先生へのご相談準備を始めてくださいね。

私もそろそろ作品制作にかからないとと焦ってきたアシスタント木村でした。

第四土曜日 基本クラス

投稿ナビゲーション