ロンドンの澤野です。
12月13日の金曜日、英国では総選挙の開放が行われ、予想外の結果で、保守党が364席、労働党が203席と、大きな差をつける結果になりました。EU(ヨーロッパ連合)からの離脱が争点のイギリスの総選挙で大勝したジョンソン首相は「圧倒的な民意を得た」と話し、来年1月末のEU離脱は確実な情勢になりました。

ボリス・ジョンソン率いる保守党がこれから一つになって多種の荒波を乗り越えていって欲しいと懇願する次第です。長い間困惑した状態の英国でしたが、やっと一つの光に向かって爆進するムードが来週に控えたクリスマスにも反映して久しぶりに明るい活気に満ちた新年を迎えられる様子です。

私の今年最後の生花クラスもクリスマスデコレーションで締めくくりました。

今回は日本から買ってきた竹の皮を使い、竹のようにすくすくと伸びていって欲しいとの願いを込めてキャンドルホールダーを工夫して竹皮で包んでのデコレーション。


かなり高度な技術と考察力が必要でしたが生徒たちは素晴らしいアイデアーを駆使して一人一人全く違うユニークな作品を完成してくれました。



英国よりメリークリスマス

ロンドン便りー34号

投稿ナビゲーション