中国美術報社賞をを受賞して

第21回国際公募国際墨画会展において中国美術報社賞をいただき大変感激しております。

私の英国の家の裏庭に7年前1mくらいの高さの小さな芭蕉を1本植えました。最近では雪も降らなくなった英国の温暖な気候もあり、毎年スクスクと伸び始め、今では5本の子供達が主木の周りに群がり7m以上の高さに成長しました。
今年は、その主の木に何と1本のバナナの房が付きました。美しい新鮮な柔らかな緑の葉群が風になびく切れ間から、なんとも奇妙な形体をしたバナナの花と実がニョキっと顔を出し、その質実剛健なエネルギーと軟弱な葉波が合間って、今まで見た事の無い光景を目の前にし、是非これを墨画で描いて見ようと途方も無いテーマに挑戦してみました。

実際に描き始めてみると、なかなか思うように描けず自分の無能さに挫折を繰り返す毎日でした。
締め切りの日が迫ってきたので、納得はいきませんでしたが、とりあえず日本に郵送した次第です。
この経験を生かしてこれからも精進していきたいと思っています。

澤野寿舟

『芭蕉』 澤野寿舟

受賞者の声『中国美術報社賞』(第21回展)

投稿ナビゲーション