今月の画題は紫陽花です。
花も葉も大ぶりなので見映えが良く、花弁のグラデーションを美しく描く事で、素敵な作品に仕上がります。
今回は花弁を鉤勒法(線描き)、没骨法(面描き)で描きました。

また抽象的な花と葉の描き方も練習しました。抽象的な表現は、考え過ぎずに思い切って、筆に心をあずけてみましょう。

同じ没骨法でも、顔彩の配色を変えることで、印象が変わります。また、紙も、和画仙、二層画仙紙と変えて描いてみると、墨と顔彩の発色の違いがわかると思います。
課題を仕上げる為だけに描くのではなく、同じ画題でも表現方法を試してみるのも楽しいですよ。

教室担当 村松

第二水曜日基礎クラス

投稿ナビゲーション