ロンドンの澤野です。

今週の初めから ロックダウンが緩和し始めレストランもパブも、美術館も、室内に入ることができる様になりました。
また子供たちも学校へ通い始めました。



第1回目のワクチンはほとんどの人達が済んでおり2回目のワクチンも始まりました。
友人、知人そして離れ離れになっていた家族も1年半ぶりで再会する事が可能になり、やっと人々に笑顔が戻り、街並みも徐々にですが、賑わいを見せ始めました。
そして車の渋滞も元に戻ってしまいました。


因みに今でも海外への出入国はかなり大変で飛行場での検査が厳重に行われています。
また収入も無く、資金援助も無い長い暗い月日により、かなり多くのお店やレストランは閉店にせざるを得なくなっている所も多く見られます。
今はコロナでの死亡者も感染者も激減していますが、今度はインドから新種のコロナが英国に襲いかかって来ています。
「もう2度とロックダウンはしたくない」と市民は熱望していますが、再度のロックダウンは身近に迫って来ています。

ロンドン便り−50号 *** 英国近情報告 ***

投稿ナビゲーション