国際墨画会展、お疲れ様でした。
去年から開催を待ち望んでいたのもあり、あっという間でしたね〜。
しかしながら会展も終わってしばらく休息を・・・と思っていると、もう締め切りが目の前だった、なんて事は良くある事なので、ふんわりとでも来年に向けて構想を練ってメモしておくと慌てずに済みますよ〜。

さて、今月から新しいお教室でのお授業ですね。
私もドキドキしながらたどり着きました。
この日は2名の生徒さんでしたので、のんびりとしたお教室になりました。
花菖蒲の花を鉤勒法と没骨法で学びました。
アヤメ科のお花は艶やかなので日本画ではモチーフによく選ばれますよね。
花菖蒲にしろ、アヤメにしろ、カキツバタにしろ多少の違いはあれど、描き方としては一緒ですので、身につけられますと作品にも展開しやすいかと思います。

この日はお授業が終わる頃から激しく雨が降り始め、その後、雹まで降ってきました!
木村、実はかなりの雨女なんですよね・・ごめんなさい。
Kさん、Mさん、ちゃんと駅までたどり着けたでしょうか・・・。
まだまだ梅雨が明けるまではお天気不安定ですので、皆さんお気をつけくださいね〜。

Kさんの鉤勒法の花菖蒲と、Mさんの初めての課題提出の菊。とても素敵に描けていますね!

第二日曜日講師 木村でした。

講師資格コース 第二日曜日クラス:7月

投稿ナビゲーション