師範資格コースは11月で1番最初のカリキュラムに戻りました。
11月と12月で四君子の中の「竹」「蘭」「菊」それから「岩」を1枚の紙にレイアウトして表現していきます。
11月の竹は刷毛で、12月は筆で、という様に、描き方も変えて行きます。
それぞれの画題は講師コースの時に学んでいますが、2年経つと忘れてしまうこともあって、みなさん、まずはそれぞれの手習いから始められていました。
でも、一度身についたものは思い出すのも早くって、配られた半切の紙に思い思いの四君子を表現されていました。


12月の第三土曜日師範資格コースでは、新たにM様が進級なさいました。
おめでとうございます!
これからもどうぞよろしくお願い致します。

みなさんの提出課題もとても素敵ですね〜♪
普通の画仙紙だったり、ドーサ引きの画仙紙だったりで表現も変わりますね。
勉強になります。

さて、今年もあとわずかですね。
そろそろ国際墨画会展作品に向けて動き始める頃でしょうか?
一ヶ月って短いなと毎月末に青くなっています。
資料写真、撮りに行かなくっちゃー!
作品制作頑張りましょう〜!

それでは、来年もどうぞよろしくお願い致します。
皆さまよいお年をお迎えくださいませ。

アシスタント木村でした。

師範資格コース:11月、12月

投稿ナビゲーション